家で筋トレを始めようと意気込み本を2冊購入しました。一冊は筋トレの心構えの本、もう一冊は具体的な筋トレ方法が写真付きで紹介された本です。家トレを始めて一週間はなんとか続きましたが、それ以降は本を開けることもなくなってしまいました。

http://vulcancanarias.com/

そこでジムへ入会することを決めて通い始めました。今は火曜日と木曜日の週2日、ジムに通っています。参加しているプログラムはシェイプバンプというバーベルを使った50分間のトレーニングです。ジムに通い始めてよかったと思うことはつぎの3点です。

1.仕事にメリハリがつけられる

火曜日と木曜日は、ほかの曜日に比べても集中して仕事に取り組んでいます。ちょっとした同僚同士の雑談に入りたいときもありますが、集中モードで仕事をこなしています。同僚にジムに通っていることを伝えているので、終業まじかになると周りの人が、「あれ、今日はジムの日でしょ。定時にあがれるの?」と声をかけてくれるようになりました。これによって気兼ねなくジムに向かうことができています。

2.ほかの仲間もいるから続く

家トレのときはひとりでやっていたので、すぐに挫折しました。ひとりでやっているので、辛いばかりのトレーニングになってしまうのです。一方ジムはどうかというと、まず入館のときに受付でスタッフに挨拶をします。顔見知りのスタッフだと「がんばってください」と声をかけてくれます。着替えのためロッカーにいくと今度は掃除の方が、また、声をかけてくれるのです。スタジオに入るとインストラクターやほかの会員メンバーがいるので、当然、モチベーションが高まります。みんなで辛いトレーニングを終えた後、やり切った感があって心地良いです。

3.トレーニングのあとのジャグジーバスが楽しみに

トレーニングで疲れた体をジャグジーバスで癒しています。お風呂も広く、サウナも完備されています。大きなお風呂で足を伸ばし、仕事の疲れも同時に癒しています。「あ~気持ちい~」と幸せを感じる時間でもあります。筋トレした各パーツをマッサージしてお風呂を出て家路に着きます。

以上の3つが私が家トレからジムトレに変えてよかったことです。

ジムを続ける秘訣は①時間のメリハリをつける②一人ではなく仲間と一緒に取り組む③ジムに取り組んだあとに自分にご褒美を出す(私の場合にはジャグジーバスに入る)です。ジムに通い始めたことで、夜の寝つきがよくなったことと体力がつきました。今年9月には沖縄旅行を予定しています。ビーチに立ったときに引き締まった体で海を眺めたいと明日もジムに通います。