私の髪は量が多くてくせ毛です。場所によってくせの強さが違い、後ろはうねりが強く前髪は縮れたような髪です。小学生の頃はショートカットにしていたためくせで髪の毛が浮きキノコのようなシルエットになっていました。その頃は自分の髪が嫌いで夜中に親にわからないようプチプチ抜いたりしていました。

でも小学6年生の時、まだ当時新しい技術だった縮毛矯正に出会いました。たまたま初めて行った美容室でこんな施術があるけどやってみませんかと声をかけてもらったのです。

ただまだ新しい技術だったので施術してもらっのはよかったのですが、ピンっと伸びすぎてしまいキノコがおかっぱになっただけでした。

でもそのおかげで少しは自分の髪が好きになれたように思います。年齢を重ねるごとに髪質も変化し、今は昔よりくせが落ち着いた気がしますが定期的に縮毛矯正はしています。技術が発達してストレートになりすぎないよう調節できたり髪の傷み具合で薬剤を変えたりと本当に私にとってはなくてはならない施術です。

このおかげで今はロングヘアにしていますがショートにしたりボブヘアにしたり色々なヘアスタイルに挑戦することができていますし、ヘアケアすることが楽しいと感じています。小学生の頃の私に会えるなら「そんなに悩まなくても大人になったら綺麗なストレートヘアになれるから大丈夫だよ」と声をかけてあげたいです。