「尋常」は、普通にという意味、ざ瘡は、医薬品を処方する際の便宜上、表在性皮膚感染症に分類されることが多いものの、感染症とする根拠はない、語源となっているアクネ菌(英語版)は、皮膚の常在菌である。日本では90%以上の者が経験する疾患であることから、「にきびは青春のシンボル」という言葉もあります。

http://issp18.org/

前額部(おでこ)、頬、口の周り、下顎、背中や胸の中央など皮脂分泌量の多い皮膚に生じる発疹で、家庭科の皆さん思い返してみればそういえば授業でやった思い出もあると思いますが、そういった授業で習った時のように例えば食生活と言うものはバランスよく食べていかなくてはいけないと言うようなことを習ったと思いますが、大人になってしまうと、例えば一人暮らしをするようになると気兼ねなく暴飲暴食をしてしまい、体の健康のことなど考えずに生活をしている人たちがいるわけで、そういった人たちがこういった物ができてしまうと言うことなので、十分に気をつけておいたほうがいいと思います。

もしできてしまったとしても、まず食生活を見直してみることが大事ですが、いろいろな治療方法を試してみてどうすれば直していくことができるかと言うことを常に頭に考えておくべきです。