思春期の私は“ニキビの宝庫”でした。ネーヴェクレマを使った私の口コミと効果がヤバ過ぎ?実店舗での販売状況も紹介!

毎日鏡とにらめっこし、清潔第一と洗顔に精を出したり、脂取り紙を使ったり、さっぱり系の化粧水で顔をまめに拭いたりしましたが、ニキビは増える一方でした。ある日、出張から帰ってきた父に手渡されたのが『レスタミンコーチゾンコーワ軟膏』でした。

知人のお嬢さんが私と同じ15歳で、毎晩、塗ってから休み、ニキビを撲滅させたそうです。早速、夜に塗ってベッドに入りました。翌朝、目が覚めてびっくり!私にも同じことが起こったのです。

毛穴が目立たなくなり、ニキビのぶつぶつもなめらかに引っ込んで…。以降、毎日、この軟膏を塗って眠りにつきました。ニキビはどんどん減り、クラスメイトにも「何を使ったらそんなにきれいになるの?」なんて聞かれて得意になっていたことを思い出します。そんな中、突然、強い効き目が怖く感じるようになって、塗るのをやめました。

しばらくしてまたニキビが出てきましたが、以降はそんなに気にしなくなり、高校卒業ごろにニキビが消えるまで使うことはありませんでした。だいぶ経ってから知ったのですが、この軟膏は、免疫力の低下や骨密度の減少といった副作用で問題になったステロイドが含有されていたのですね。今思えば心のブレーキだったのかもしれません。使い続けなくてよかったと思います。