あなたの現在の健康状態はいかがでしょうか。
性別問わず日本人の生活リズムが、大きく乱れていることが多く、体調に支障をきたすことが増えています。
特に便秘は腸内環境が整わないことから、便秘に悩む方々が多くいます。

スラリオ

食生活の改善にホットヨーグルトで、便秘等に効果があると色々なホームページで紹介されています。
ホットヨーグルトを食べることで、便秘等に効果があって健康的に過ごせるようになったと評判になっています。

それでもホットヨーグルトについて、正しい温め方を知らずに行うと効果は得られることができません。
ヨーグルトの分量と温めた時の適温は、ヨーグルトをマグカップ1杯(200ml前後)に開けて人肌程度(37℃前後)に温めれば簡単にホットヨーグルトを作ることができます。

ヨーグルトを温めることによって、腸への乳酸菌等の成分吸収をうながすことができます。
逆にヨーグルトを沸騰するまで温めると、熱くて口にできなかったり、ヨーグルト内の乳酸菌が死滅するので効果がなくなるので注意してください。
加熱時間は600Wの電子レンジで約1分加熱すると、すぐに温めることができます。
温めたばかりのヨーグルトは、加熱ムラがないようにスプーンで混ぜてヨーグルトの温度を均一にしてください。
ホットヨーグルトは、22時から2時まで摂取すると効果があります。

これは腸の運動が活発になることから、翌朝のお通じに効果が出て、便秘しにくい身体になります。
摂取する量はマグカップ一杯に当たる200mlですが、効果が出ない時はヨーグルトの量を加減してください。
朝や昼間に摂取する方は、夜間に摂取することをおすすめします。