私は現在34歳の主婦です。まだ白髪がないのですが、若い頃からカラーリングを繰り返してきたので、髪の毛が相当パサパサなのが気になっていました。ブリーチをした上に、レッド系のカラーリングをしたりしていたので、相当傷んでいます。どうにかして髪の毛のパサつきを抑えたいと思い、美容師の友人にアドバイスを貰いました。まず、シャンプーやトリートメントの後に髪の毛を乾かす際は、しっかりタオルドライすることが大切なようです。

評判どう?ニューモ育毛剤の私の口コミを暴露…!使い方から効果までご紹介!

ドライヤーで全部乾かそうとすると、熱が当たりすぎて髪がさらに傷むからだそうです。そこで、私はセミロングほどある髪の毛を毎回丁寧にタオルドライしました。今までガシャガシャとタオルで拭いていたので、ガサツなやり方をやめて、髪を抑えるように水分を拭き取りました。

そして、ヘアオイルをタオルドライ後に毛先に重点的につけ、ドライヤーで乾かします。あまりつけすぎると、ベタベタになるので注意が必要です。美容師の友人曰く、ドライヤーで乾かす際は冷たい風に途中切り替えて、ドライヤーは常に10センチ以上離して使うといいとのことでした。ずっと熱を与えていると余計傷むからです。

仕上げに、乾かした後にも軽くヘアオイルをつけます。もし髪の毛が長くて寝る際に気になるなら、髪の毛を結んで寝たほうが傷まないようです。毎日のトリートメント、丁寧なタオルドライ、ヘアオイルをつけてブローすることで、かなりパサつきは抑えられました!特に夏場は日光のせいで髪が傷むので、ヘアオイルは欠かせません。