私たちの生活に欠かすことのできないもの、それは水です。朝、起きがけに水を一杯、顔を洗うとき、カレーを食べているときなどに水は必須です。
これから寒くなって温かいお茶でも入れようか、ジュースを飲みたいね、これが作られるためには水がないと作れませんから美味しいお茶やジュースが飲めるためにも水は必須になってきますね。家の掃除をする、体を洗う、野菜を洗うなどなど、なにかを洗うときも水が必須です。水道の蛇口をひねれば出てくる水ですが、コンビニやスーパーな

http://www.artistes-vendomois.org/

これはもしかしたら、ちょっと前に話題になった軟水、硬水のことでしょうか?少し気になったので、軟水と硬水のことについて書いてみたいと思います。
水というと、大まかに分けて3種類あるのではないかな?と私は思っていて、それはふだん、私たちが使っている水道水と、お店で売っているミネラルウォーターの軟水と硬水をいうのではないかな?と思います。

軟水というのは、いったいどんな水のことでしょうか?調べてみたところ、ミネラルウォーターの1リットル中には、マグネシウムイオンとカルシウムイオンが含まれていて、その量(硬度)が低い水を軟水と言うそうで1リットル中、硬度が100mg未満の水を軟水と言うそうです。では逆に硬水というのは、どんな水かというと、これも、さきほどのマグネシウムとカルシウムが関係していて、この量(硬度)が同じく1リットル中、100mg以上のものを硬水と呼んでいるそうです。例えとして、物事の中には白黒はっきりしない中間というものがありますが、これは水にも言えるそうで、100mg以上、300mg未満の水というのも存在していて、「中硬水」と呼ぶのだそうです。

軟水と硬水の違いは分かったけれど、飲んでみた感じはどうでしょう?これについてもはっきりと違いがあるそうで口当たりが柔らかく、サッパリしていたら軟水、飲んだときに硬い感じをうけるが、しっかりした飲みごたえがある方が硬水なのだそうです。飲む以外でも、シャンプーや石鹸の泡が立ちやすいのが軟水で、逆に泡が立ちにくいほうが硬水だそうです。同じ透明な水なのにこのような、はっきりとした違いがあるのですね。私たちがふだん、なにも意識せずに使っている、または飲んでいる水も種類がいくつもあって面白いなぁと感じましたし、勉強になりました。