ずっと髪で悩んでましたが縮毛矯正でスッキリ!

カテゴリー: ダイエット (page 1 of 1)

糖質制限ダイエットで1ヶ月8kg減量に成功

運動をしなくなった事で20kg近く太ってしまい、歩いていると膝や腰に痛みが出てきたりしたのでダイエットを決意しました 運動自体が体重が増えた影響で辛かったので運動をせずに体重を落すにはどのダイエットが良いのか探していた所、糖質制限ダイエットを見つけました 

http://manuresource2017.org/

糖質制限ダイエットはお米などに多く含まれる炭水化物の摂取を減らす事以外は食事に大きな制限をかける必要が無かったので、食事量を大幅に減らして我慢をする様なダイエット方法でなかったのが始めてみるきっかけとなりました 実際に食事の量は大きく減らす事はせずに肉類は脂肪分の少ない部位や野菜を中心に摂りました 

空腹で辛い という事は殆どなかったです 最初の1週間で2kg程落ちたので、食事の量をもう少し減らしました 

更に1週間後2kg減り、効果が出てきた事が嬉しく引き続き継続しました 4週間後にはー8kgとなり、デニムのサイズは2インチ程落とす事ができました 膝の方もかなり楽になり、減量の成果が十分にあったダイエット方法でした この後も食事の量や食べる物に注意を払いながら続け、更に8kg程減量しました 合計で16kgの減量に成功しました 

膝や腰の痛みはなくなり、体が軽くなった事で運動が楽しくできる様になりました 普段食べる物を少し変えるだけで始める事ができる手軽なダイエットです

アラフィフのダイエット

50代に差し掛かってくると、特に女性は【ホルモンバランスのみだれ】に翻弄されるようになります。症状はひとそれぞれですが、何となく気分が晴れない日が続いたり、体調が思わしくない日が多い、白髪も増えた気がする、そういえばダイエットしても全然痩せなくなってきたと実感するのもこの年代あるあるではないでしょうか。

おすすめ着圧レギンス10選を徹底比較!脚やせ効果

閉経が近づいてくると、どうしても女性は女性ホルモンの減少により、コレステロール値が上がったり、代謝が悪くなることにより、ダイエットも思うようには進まないことが多いです。さらに、不調が続くと、運動自体もする気にならず、食べることがストレス発散の手段になり、また太ってしまう。。。。という悪循環も想像に難くありません。ですが、やはり、人生100年時代、できる限り人生の後半戦も健康な体、できることなら病気知らずで過ごしたいものです。

ということで、やはり、体のメンテナンスはアラフィフ世代の皆さんにも必要です。ですが、それは10代20代のころの、見た目重視細さ重視のものではなく、あくまでもこれからの人生を楽しむためのメンテナンスと捉えると、同じダイエットでも心構えが違ってくるのではないでしょうか。

できることから、楽しみながら始めましょう。筋力をつけ、代謝を上げることによって脂肪を減らす、脂肪がつきづらい体を目指します。毎日30分から60分のウオーキングを習慣にし、寝る前に軽いストレッチとスクワット30回をまずは始めてみませんか。1か月後には太ももとウエストサイズが違ってきているのを実感できると思います。

これを皮切りに、せっかく少しサイズダウンしたからじゃあ、少し間食はやめてみようかな。油物を控えてみようかな、と少しずつ進めてみてください。

自分のペースで大丈夫。楽しみながら、時には自分にご褒美をあげて、ふと気が付いたら、あら痩せたみたい!ぐらいのペースがアラフィフ世代にはちょうど良いダイエットではないかなと思います。

ダイエットの指針になる体重が

食欲が増えてきっと体重が増えているんだろうなと思って体重計をと勝手今の数字を見たいと思ってかなり久しぶりに乗ってみようかなと体重計を取り出して電源を入れたら、25キロ台になっていました。ラグマットの上で体重計に乗っているから正確な数字が出ないのかなと思い、より硬い何も敷いていないところにおいて再計測、と思ったら「LO」の文字が出てきてはかることができませんでした。

結局何キロなんだ今の私は。今度仕事で外出するときに電池とイヤホンを買ってこようと思います。ダイエット、数字気にしたり見た目気にしたりって今は必要ないかもしれないし、結果を短期的に求めるよりかはのんびりスローライフで継続的にできたらいいなと思います。制限するんじゃなくて、たべる量を増やして、栄養面の強化を。快糖茶

でも栄養がたくさんあって消費しないから丸くなるっていうのは避けたいね。まずは継続的な運動も視野に入れていこうかなと思います。

天気がいい日が続いているから、適度な運動もいいね。周りには広い土地がたくさんあって運動するには便利かもね。自転車なら不可も軽いし私の性格的にも続けやすいところがあるのかもしれない。佐藤は三温糖にするとか。

自分を変えるダイエット

ダイエットに最も必要なことは何でしょうか。それはリバウンドをしないことだと思います。ゼロキャロ

リバウンドをしないためには自分にとって苦痛ではないペースで続けることが必要です。また、自分にとってハード過ぎないものを選ぶことです。

ここでは、私が実際に今も続けているダイエットを紹介します。王道ですが有酸素運動と筋トレ、軽い食事制限です。それぞれ、どのように行うのか説明します。

まず、有酸素運動ですが、ずばりランニングです。これを聞いてランニングはやったことがあるけど痩せなかったよという人もいると思います。しかし、ここでのランニングは自分にとってのダイエットに対する意識の変化にあります。実際、ランニングに痩せる効果はありますが、始めた当初は微々たるものです。ランニングを続けることで痩せやすい体に変えていくことが1番の目的です。ここで重要なのは初めから頑張りすぎないことです。初めはウォーキングからでも構いません。徐々に強度をおげていきましょう。筋トレも同様です。

次に食事制限です。これは単純です。普段食べているお菓子等を極力減らしていくことです。急に減らすことは難しいと思いますが少しずつで構いません。なにもゼロにするというものではありません。ずっと食べないのは逆にストレスで痩せにくくなります。適度に頑張ることが大切です。

どうだったでしょうか。いいなと思った人はぜひやってみてください。

ダイエットを上手く行っていくための秘訣とは?

「ダイエットをしていてもなかなか体重を減らすことができない…」と悩まれている方もきっといらっしゃるでしょう。キラリ麹の炭クレンズ生酵素の効果

私も初めてダイエットを始めた時はなかなか体重が減らずに迷っていた時期がありました。そんなダイエットの効率の良さを重視したり、ダイエットの時に氷をつけたいことをうまく実践することによって1ヵ月で体重を6キロほど減らすことができました。

体重を減らし幅や何キロ減らした方が良いのかと言うことは人それぞれありますが、ダイエットの際に気をつけたいことを実行することによって、体重を減らすことが可能となってきます。そこで今回はダイエットを成功させることが難しいと考えている方、またダイエットに挫折してしまっている方に対し、ダイエットを上手に行っていく方法についてお話をしていきたいと思います。

やはりダイエットの考え方として短期間のスパンで体重を減らすと言う事はなかなか難しいと言う事は間違いありません。ですから短いスパンで体重の増減に一喜一憂してはいけないと言えるのです。またダイエットを長期的に行っていくにあたり、筋力トレーニングなどによって筋肉の量を増やしていく必要があるので、体重が増えたり減ったりする事は当たり前のことであると言えるでしょう。ですからそのようなことで悩んでいる必要はないのです。そのようなことで悩んでいると言うのであれば、悩まずに積極的にダイエットに取り組んでいきましょう。

私が10キロのダイエットに成功した理由

ネットにはあらゆるダイエット法が溢れていて、どれを試せばいいのか分からない!なんて思っている人は多いのではないでしょうか。私も2年前まではその中の1人でした。色々読み漁った結果、食事制限か運動をするしかないとの結論に至った私はその両方を始めました。http://www.museecox.com/

普段から定期的にジムに通っていたのですがトレーニングの内容を変えて、ひたすら有酸素運動に徹しました。あとは腹筋数回のみ。週4~6日好きな時間に走ったり、サイクリングマシーンをしてみたり。長距離は得意じゃないのでノロノロペースで30分とにかく走り続けて脂肪を落としました。

食事制限はほとんどの人が挑戦して続かなかったことがほとんどではないでしょうか。私も過去はそうでしたが、今回のダイエットでは私らしく大雑把な食事制限を心がけました。とりあえず毎日の夕飯をサラダに置き換えてみたのです。

朝昼はガッツリ好きなものを食べて、夜はサラダのみの生活を徹底しました。サラダのバランスなども特に考えずに、自分が食べたいと思ったサラダなら何でもOK、満腹になるまで食べました。ドレッシングを変えてみたり、ちょっと高級なサラダを食べてみたり、気分転換しながら毎日続けることが出来ました。

飲み会などがある時はもちろんダイエットなんて忘れて、その分次の日腹筋を10回くらい増やしてみたり。食事制限も運動もキツくなりすぎないことを常に意識していました。イヤイヤやったり、気持ちの負担になったら続かないと思ったので、自分が楽しく続けられる工夫を忘れませんでした。

その結果、半年もせずに10キロのダイエットに成功しました。1番のポイントは飲み会などに行くことに罪悪感を感じすぎない事だと思います。ダイエットは苦しい辛い気持ちがあるとやはり続かないので、少しくらい大丈夫と気持ちに余裕をもって挑むと続くと学びました。

レコーディングダイエットすごい

レコーディングダイエットとの出会いが運命を買えました。

ゼロキャロの感想

嫁が2XLな体型なんですけど、結婚して同じような食事を続けていると僕も同じような体型に。。。

人生で初めて72kgを突破して本気で焦っていた時に、岡田斗司夫さんの「いつまでもデブと思うなよ」を読んだのがダイエットを始めたキッカケにでした。

この本の何が良いと思ったかと言うと、ダイエットは楽しいと思わせてくれる所です。

ダイエットってガマンだったり辛いというイメージを持っている方が多いと思いますが、著者は楽しいとキッパリ言ってくれたことです。

僕たちってボクシング選手みたいに一時的に痩せれば良いという訳ではないので、続けられないと意味がないですよね。

楽しく継続できるのが、この本の良い所だと思います。

初めてから1ヶ月に-2kgのペースでコツコツ落としていきましたけど、それくらいのペースが苦しくなくて続けられるかと思います。

逆に「夏までに痩せなきゃ」と言う方は他の方法を探した方が良いと思います(身体に負担がかかるのとリバウンドのリスクがあるのでおすすめできませんが)。

食べたものを記録する事で、食に関して意識するようになりましたし、日々の暮らしが丁寧になったのも大きなメリットです。

これからも継続して行きたいと思います。