バストサイズが大きいと付きまとってくる問題の一つが汗対策です。

体のほかのどんな場所も汗をかいていなくてもバストだけが汗疹でかゆくなるほど
汗をかくのが大きいバストの持ち主の宿命です。

http://www.bigislandbooch.org/

しかも夏に限らずです。
運動で汗をかくと最も汗をかくのが胸になるため、
季節問わず汗疹ができる場合があります。

バストは早いと中学生の時点で大きい子は本当に大きいので思春期の方は対策を講じたくても
なかなか人に相談する勇気もなくて一人で悩んでいる方も多いと思います。

バストによる汗対策にはいくつか方法がありますが、
試してみてなかなか良かった方法をお伝えします。

一つはブラカップにわき汗用シートを入れることです。
これはもともと汗を吸うためのものなので、
多少使い方が違っても特に問題はないのではないでしょうか。
わき汗シートでかぶれるのが心配の方は、
小さいハンカチを上にかけてみてもいいかもしれません。
ブラジャーの内側に入れるので服の上からは分かりませんし、
物凄く汗をかく人でもない限り、
シャツに汗が染み出ることもないと思います。

もう一つの対策方法がバージスラインの部分で、
こちらの方がむしろ汗対策に重要なので、
この問題を解決するために対策を練る人の方が圧倒的に多数だと思います。

少し面倒な方法ですが、
吸水性のよい素材の自分の肌に合うタオルや布を、
ブラジャーのワイヤー部分と胸の下あたりに敷き、
胸の谷間とブラジャーの間にも挟む。
挟む生地が厚すぎると着け心地が悪いので、
厚すぎない程よいものを探してみるとよいです。

しかしやはり汗はかくので、
替えのものを持っておいて生理用ナプキンと同じ感覚でトイレに行って
取り換えるとよいでしょう。

少し面倒ではありますが、
これだけで多少ましにはなりますし、
外出の時も安心できます。
参考になると思った方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。