わたしは夏になると毎年、腕を少し出すファッションがしたくなります。
しかし、人前で出せるような腕をしていなかったのでいつもあきらめていました。
そんな中、ふらっと本屋さんに立ち寄った時目に飛び込んできた本がありました。

メタシボリ

その本の表紙には、あきらかにわたしより年齢が上の女性が立っているものでした。
その女性の身体は、細いのですが程よく筋肉がついており、健康美そのものでした。その女性の名前は、ファンシネ。その表紙だけが決め手になりすぐさま購入し、家に帰って一気に読みました。

このスタイルで、子供がいるなんて!
その本でファンシネが日常的にダンベルをしていて、やり方も細かくかいてあったので、真似てみる事にしました。
腕と言っても、腕の前にも横にも後ろにも筋肉があり、それぞれ鍛え方が違います。腕を動かすと言う事は、肩甲骨も一緒に動きます。肩甲骨のまわりには、基礎代謝を上げる筋肉があるので一緒に鍛える事ができます。更には、胸のまわりや背中、お腹の筋肉も同時に鍛えられる事を知り、身体は全部繋がっているのだ! という事がわかりました。

確かに、腕をターゲットで始めたダンベルの筋トレは、腕はもちろん上半身が引き締まりました。
もっと言えば、脚も使って身体を支えているので、なんと!脚も程よく筋肉が付き引き締まりました。
身体は全部本当に繋がっている事に感動しました!

次の夏は、腕を出すファッションをもちろんしましたし、脚もだしました!
ダンベルの筋トレは、骨にも衝撃を加えるので、骨も丈夫になります!
とてもおすすめしますよ!